タグ:額賀福志郎 ( 6 ) タグの人気記事

 

「額賀空港」バラマキ疑惑

5月30日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 2010年に開業予定の茨城空港へのアクセス道路が1工区平均200メートルくらいで細切れ発注されていることが分かった。細切れ発注は多くの業者が潤うが、コスト高になる。談合の疑いもあり、土建屋政治家が介在することも多い。額賀財務相の地元だけに、今後、話題を呼びそうだ。

「空港のために県が整備する道路は4路線で総事業費は77億円。半分以上が道路特定財源で賄われています」(地元紙記者)

 07年度の受注を見ると、たった60メートルの道路を落札率97.9%で落札した業者もいる。考えられない発注だが、そもそも茨城空港自体が問題だ。自衛隊の百里基地に新滑走路を造り、官民共用で使う計画だが、誰が茨城県の空港を使うのか。

「県南部の県民は羽田に行く方が便利だし、北部からは福島空港が近い。水戸市周辺のごく一部の住民しかメリットはないのです。地元では、この空港建設を推し進めたのは額賀財務相とみられている。98年3月、運輸省の航空局長と防衛庁の参事官、茨城県知事が都内ホテルで会談し、計画検討の具体化で合意した際、額賀氏が立ち会っていたことが分かったからです。空港建設の総事業費はアクセス道路や産業団地整備などを含めると780億円にも上る。利用者が限られているのに、こんな事業に税金をばらまくのはおかしい。額賀大臣の地元への利益誘導とみられても仕方ありません」(現地取材したジャーナリスト・横田一氏)

 地元では「利用者がいないのに空港建設を強行したのは、官民利用なんかお題目で基地強化が狙いではないか」という声もある。通称“額賀空港”には怪しい話ばかりが出てくる。こんな財務相が歳出削減を言っても説得力ゼロだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 10:00 | 政治  

“茨城空港”また1つムダな空港が増える

5月30日10時0分配信 日刊ゲンダイ

●国内大手は就航に難色

「なんで茨城がトウキョウ・メトロポリタン?」と、名称論争が話題になった茨城空港。こんな恥ずかしい名前を打ち出さなきゃいけないのにはワケがある。開港予定(2010年3月)が1年半と迫っているのに、国内の航空会社が就航に難色を示しているため、仕方なく、海外のエアラインを誘致せざるを得ない。そのための苦肉の策なのだ。

「県の担当者らがJALやANAに熱心に就航を働きかけています。しかし、両社ともただでさえ利用率の悪い地方路線を減便していて、JALは今年4月からお隣の福島―伊丹線を1日2便から1便に減らしました。そんな状況で茨城に就航するわけがありません」(県政事情通)

 茨城空港の事業化が決定した当時、国交省や県は「北海道、大阪、福岡、沖縄へ1日4便就航」「水戸―札幌の移動で羽田を使う場合より2時間短縮」「県民の利便性向上」とアピールしていた。まさに絵に描いたモチである。

 そんな空港に巨額の事業費が投入され、またひとつムダな地方空港が増えるわけだ。

 茨城県の橋本昌知事は海外の格安航空(LCC)の就航に望みをつないでいる。マレーシアのエア・アジアXから好感触を得たともいう。だが、LCC頼みは他の地方空港も同様で、やはりムダな空港といわれ続けた静岡空港もシンガポール航空に働きかけた。どこも就航する航空会社獲得に必死なのだ。

「LCCにとって地方空港へ就航する魅力は、着陸料の安さに尽きる。地方空港同士で着陸料引き下げ合戦が勃発し、結局、空港運営の赤字を税金で補填、なんてことにならなければいいが」(航空ジャーナリスト)

 この国は、いつまで無策を続ければ気が済むのか。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 10:00 | 行政・公務員  

茨城は「トウキョウメトロポリタン」騒動

2008年05月27日10時00分 日刊ゲンダイ

 茨城がなぜ「トウキョウメトロポリタン」になるのか――。2010年3月開港の茨城空港について、橋本昌知事が「トウキョウメトロポリタン・イバラキエアポート」に名称変更する考えを示し、波紋を呼んでいる。

 そもそも「茨城空港」の名称は、06年7月から9月まで全国公募し、約8000件の候補から茨城県が昨年1月に決定。県は選定理由を「茨城ブランドをアピールできる」としていたハズだ。わずか1年半の知事の“心変わり”に県会議長も猛反発。一体どういうことか。

「橋本知事が会長を務める茨城空港利用促進等協議会の総会が19日、水戸市であり、知事が名称変更を打ち出しました。『東京、首都圏を印象付けるため』というのが目的だったようです。これに対し、桜井富夫県会議長が『長すぎる。東京北空港でいい』と反論。収拾がつかなくなったのです」(茨城県政事情通)

 県(と国)は空港整備事業に約250億円を投入。年間需要予測を81万人と見積もっているが、「空港ターミナルビルの営業権をめぐっては民間が1社も名乗り出ず、やむなく県公社が運営することになった。つまり、民間は誰もこの空港をオイシイと思っていない。赤字のタレ流しは時間の問題」(前出の事情通)

 会計検査院の調査では、地方21空港のうち、9空港で需要予測を下回っている。知事は意味不明な横文字で集客しようと自信マンマンのようだが、くれぐれも採算割れなんてことにならないように……。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-27 10:00 | 行政・公務員  

茨城は「トウキョウメトロポリタン」騒動

5月27日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 茨城がなぜ「トウキョウメトロポリタン」になるのか――。2010年3月開港の茨城空港について、橋本昌知事が「トウキョウメトロポリタン・イバラキエアポート」に名称変更する考えを示し、波紋を呼んでいる。

 そもそも「茨城空港」の名称は、06年7月から9月まで全国公募し、約8000件の候補から茨城県が昨年1月に決定。県は選定理由を「茨城ブランドをアピールできる」としていたハズだ。わずか1年半の知事の“心変わり”に県会議長も猛反発。一体どういうことか。

「橋本知事が会長を務める茨城空港利用促進等協議会の総会が19日、水戸市であり、知事が名称変更を打ち出しました。『東京、首都圏を印象付けるため』というのが目的だったようです。これに対し、桜井富夫県会議長が『長すぎる。東京北空港でいい』と反論。収拾がつかなくなったのです」(茨城県政事情通)

 県(と国)は空港整備事業に約250億円を投入。年間需要予測を81万人と見積もっているが、「空港ターミナルビルの営業権をめぐっては民間が1社も名乗り出ず、やむなく県公社が運営することになった。つまり、民間は誰もこの空港をオイシイと思っていない。赤字のタレ流しは時間の問題」(前出の事情通)

 会計検査院の調査では、地方21空港のうち、9空港で需要予測を下回っている。知事は意味不明な横文字で集客しようと自信マンマンのようだが、くれぐれも採算割れなんてことにならないように……。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-27 10:00 | 政治  

「額賀氏側、入札口利き」…元仙台防衛施設局長が証言

11月20日13時32分配信 読売新聞

 額賀財務相が官房副長官だった2000年、仙台防衛施設局(現東北防衛局)の発注工事に絡み、山形県内の建設会社を入札に参加させるよう働きかけたと、当時局長だった太田述正(のぶまさ)氏(58)が20日、読売新聞などの取材に証言した。

 口利きを取り次いだのは、当時、防衛庁(現防衛省)の官房長だった守屋武昌・前防衛次官(63)だった、としている。額賀氏は同日、全面否定した。

 太田氏の日記などによると、00年3月2日、額賀氏から守屋氏に「山形の建設会社の口添えをしているのに、動きが悪い」とのクレームが入ったと、同局建設部長(当時)が報告してきたという。日記には「工事のランクが合わず、指名できなかった」との記載もあり、太田氏は「指名業者に入れるようにという口添えがあったのだと思う」としている。
[PR]

by deracine69 | 2007-11-20 13:32 | 政治  

安倍改造内閣にもうスキャンダル?

8月28日 デイリースポーツ

 安倍改造内閣は28日、各閣僚が、政権の立て直しを目指し決意を表明するなど本格始動した。安倍晋三首相は「『美しい国づくり』に向け政策を実行していく政策実行内閣だ」と記者団に強調した。共同通信社の世論調査で、内閣支持率は参院選直後に比べて急上昇。一方で、改造内閣に入閣した額賀福志郎財務相の事務所建物が、新築以来約10年間も不動産登記されず、実質的に建物部分が“税金未納”となっていたという、お粗末なスキャンダルも発覚した。

 問題が発覚したのは、額賀財務相(衆院茨城2区)が代表を務める「自民党茨城県第二選挙区支部」(茨城県行方市)の事務所建物。額賀氏の秘書によると、選挙区支部は1997年11月、行方市麻生に木造2階建ての事務所を新築。その際に建物の登記手続きをしなかった。土地にかかる固定資産税は年間6万2150円を支払っていたが、建物部分の同税は未登記のため、支払っていなかったことになる。秘書は「登記は建設業者に任せており、まさか登記されていないとは思わなかった」と釈明。額賀財務相からは「誠実に対応してくれ」との連絡があり「今後、登記の手続きについても検討したい」という。

 また、同支部は「事務所費」として2003年に1653万円、04年に1098万円、05年には1173万円を計上。行方市の事務所は家賃がかからないが、額賀氏の秘書は「別の2カ所の事務所の家賃が合算されている」と説明している。

 額賀財務相は1983年に初当選し、8期目。官房副長官や防衛庁長官を務めた。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-28 23:59 | 政治