タグ:飲酒運転 ( 19 ) タグの人気記事

 

警視庁警視、酒酔い運転容疑で逮捕 茨城県警

2008年11月18日2時17分 朝日新聞

 茨城県警稲敷署は18日、警視庁警視の日高幸二容疑者(50)=同県龍ケ崎市小通幸谷町=を道路交通法違反(酒酔い運転)の疑いで現行犯逮捕した、と発表した。

 同署によると、日高容疑者は17日午後7時半ごろ、酒に酔った状態で、同県稲敷市の県道などで車を運転した疑いがある。日高容疑者は県道交差点で、前を走っていた同市職員の男性(51)の車を追い抜こうとして男性の車のドアに自分の車を接触させる物損事故を起こし、走り去ったという。約2キロ先で脱輪事故を起こして止まったところを、追いかけてきた男性が見つけ、同署に通報した。

 日高容疑者は警視庁総務部施設課の管理官で、17日は有給休暇をとっていたという。

 日高容疑者の逮捕を受け、警視庁警務部の中村格参事官は「警察幹部として、あるまじき言語道断の行為であり、誠に遺憾である。茨城県警察の捜査結果を踏まえ、厳正に対処したい」とのコメントを出した。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-18 02:17 | 行政・公務員  

運転手に酒出した店主に有罪判決 埼玉・9人死傷事故

2008年06月05日20時50分 朝日新聞

 埼玉県熊谷市で9人が死傷した酒酔い運転事故で、運転者に酒を出したとして道路交通法違反(酒類提供)の罪に問われた同市小泉、飲食店経営大久保博明被告(45)に対し、さいたま地裁は5日、懲役2年執行猶予5年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。(加藤真太郎)

 大谷吉史裁判長は「(運転者に対して)酒酔い運転を止めず、酒を提供し続けたのは、酒の販売で自己の利益を確保しようとしたもので、身勝手な犯行動機にくむべき点は乏しく、刑事責任は重大」と述べた。

 道交法の酒類提供は、06年に元福岡市職員が起こした飲酒運転事故を契機に、昨年9月施行の改正道交法に盛り込まれ、大久保被告が全国で初めて起訴された。

 判決によると、大久保被告は2月17日午後1時半ごろから約5時間、熊谷市の自ら経営する飲食店で、来店したゴルフ仲間の同市赤城町、無職玉川清被告(32)=危険運転致死傷罪で起訴=にビールや焼酎を提供。玉川被告は同7時25分ごろ、乗用車を運転して対向車線にはみ出し、軽乗用車2台と衝突。軽乗用車の同県行田市の夫婦が死亡。玉川被告の車に同乗した2人を含む6人に重軽傷を負わせた。玉川被告も重傷を負った。

 検察は論告で「少なくとも玉川被告にビール1杯、焼酎のウーロン茶割り約8杯の酒を提供し、帰る際、店の前で『気を付けてね』と見送った」と指摘していた。

 大谷裁判長は「玉川被告が運転代行やタクシーを手配せず、泥酔していた状況を知りながら、酒酔い運転を止める行動をしなかった」と指摘。大久保被告が「仲間うちで酒の提供を拒否できなかった」と公判で主張したことについて、「仲間なら酒酔い運転を止める注意は容易ともいえる。結局は酒の販売で自己の利益を確保しようとした。犯行動機は自己中心的だ」と指摘した。

 しかし、玉川被告が店を出た後、いったん駐車場に車を止め、別の店の開店までの時間つぶしに運転を再開して事故を起こした点を重視。「(大久保被告が)異常な暴走行為を予見してまで酒を出したことをうかがわせる証拠は認められない」と述べた上で、「深く反省の態度を示している」などとし、実刑判決を回避した。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-05 20:50 | 社会  

酒気帯び運転の中学教諭逮捕、呼気アルコールは基準値3倍

4月28日13時19分配信 読売新聞

 埼玉県警新座署は28日、同県新座市大和田、千葉県船橋市立高根中教諭吉田和彦容疑者(47)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、吉田容疑者は28日午前5時35分ごろ、新座市野火止の国道で、酒を飲んだ状態で乗用車を運転した疑い。

 吉田容疑者は中学校への出勤途中で、クレーン車に追突する事故を起こし、飲酒運転が発覚。呼気1リットル中から基準値の3倍となる0・45ミリ・グラムのアルコールが検出された。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-28 13:19 | 社会  

大阪市営地下鉄運転士 また飲酒検知

10月10日0時1分配信 産経新聞

 大阪市営地下鉄今里筋線の男性運転士(38)が9月26日の乗務前検査で、道路交通法で基準を超えるアルコール分が検出されたことが9日、わかった。市はこの運転士を乗務からはずし、懲戒処分を検討している。市営地下鉄では同月4日に長堀鶴見緑地線の男性運転士(36)が同様の違反で同月21日から停職1カ月の懲戒処分を受けたばかりだった。

 市によると、今里筋線の運転士は9月26日午前9時40分ごろ、事務所で乗務前検査を受けた際、呼気1リットル中0・47ミリグラムのアルコール分が検知された。運転士は乗務禁止になり、以後約2週間、乗務からはずれている。

 この運転士は前日の25日に午後7時半で乗務を終え、午後9時半ごろから友人と市内で食事した際、酒も飲んだと説明。「その酒が残ってしまった」という。

 市交通局は地下鉄に関し、9月から乗務前検査で基準を超えるアルコール分を検知した場合、停職1カ月の懲戒処分とする内規を定めている。

 ほかの政令市では横浜市が、市営地下鉄の運転士に対し、平成16年11月から0・15ミリグラム以上のアルコール検知で停職2カ月の懲戒処分とする基準を公表している。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-10 00:01 | 社会  

元毎日新聞論説委員を書類送検 飲酒運転で衝突

10月4日12時21分配信 産経新聞

 酒を飲んで乗用車を運転したとして、千葉県警四街道署は4日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、元毎日新聞論説委員で四街道市の田中良太元市議(64)を書類送検した。

 調べによると、田中元市議は9月6日午後10時ごろ、酒を飲んで同市山梨の市道で乗用車を運転した疑い。

 車は電柱に衝突したが、けが人などはでなかった。市内の飲食店でビールの中ジョッキ1杯と焼酎のお湯割り3杯を飲み、呼気1リットル中0.15ミリグラム以上のアルコールが検出されたという。

 田中元市議は同新聞政治部記者、学芸部長を経て平成7年に論説委員を務め、翌年退社した。市議は1期目で28日に辞職していた。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-04 12:21 | 社会  

バス運転手8人からアルコール=乗務前飲酒検査-阪神電鉄

9月26日21時0分配信 時事通信

 阪神電鉄(本社大阪市)のバス運転手に対する乗務前の飲酒検査で、今年に入って8人からアルコールが検出されていたことが26日、分かった。同社はいずれも乗務停止処分としたが、中には酒気帯び状態で自家用車で通勤してきた運転手もいたという。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-26 21:00 | 社会  

勤務中に日本酒、物損事故=高速道路も飲酒運転-中日本高速事務所課長・愛知

2007/09/20-00:18 時事通信

 中日本高速道路(名古屋市)は19日、同社名古屋支社岐阜工事事務所の総務課長(48)が勤務中に飲酒し、帰宅途中に物損事故を起こしたと発表した。課長は男性で、朝から少なくとも日本酒5合を飲んでいたという。

 同社によると、総務課長は18日午前9時に岐阜県各務原市にある事務所に出勤した後、すぐに近くのコンビニで日本酒1合を購入し飲酒。いったん社有車で事務所に戻り、仕事で愛知県一宮市役所に車で行った帰りに2合、さらに昼休みに自分の車でコンビニに行き2合飲んだ。

 その後、午後6時半ごろ、自分の車で一宮市内の自宅に帰る途中、同市の市道で縁石と照明灯に接触する事故を起こした。一宮市役所と事務所を往復した際には、同社が管理する東海北陸自動車道を走行したという。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-20 00:18 | 社会  

飲酒運転で初の懲戒免職=福岡市

2007/09/14-17:33

 福岡市は14日、8月下旬に飲酒運転事故を起こした同市早良区入部出張所の糸川琢磨職員(42)を懲戒免職処分とした。飲酒運転による3児死亡事故を受け昨年9月、「飲酒運転は懲戒免職」と内規の厳罰化を図った同市で、適用の第1号となった。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-14 17:33 | 行政・公務員  

地検事務官が酒気帯び運転=懲戒処分に-横浜

8月10日18時1分配信 時事通信

 酒気帯び運転したとして、横浜地検は10日、40代の男性事務官を減給100分の10、6カ月の懲戒処分にしたと発表した。横浜簡裁は同日、罰金20万円の略式命令を出し、事務官は同日付で依願退職した。

 同地検によると、事務官は7月12日夕から横浜市内の飲食店で同僚男性2人と飲酒。最寄り駅から帰宅途中だった13日午前零時ごろ、同市旭区の自宅近くで、迎えに来た家族と運転を交代し、酒気帯び運転した疑い。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-10 18:01 | 司法  

酒気帯び運転で懲戒免職=京都府警の巡査、書類送検へ

8月9日19時2分配信 時事通信

 京都府警は9日、酒気帯び運転で大阪府警に検挙された右京署交通課の男性巡査(33)を懲戒免職処分にした。大阪府警は近く、巡査を道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で書類送検する。

 京都府警監察官室によると、巡査は非番だった7月6日午後1時から約1時間、京都府宇治市内の自宅で焼酎4合を飲み、午後5時ごろ大阪市内へ車で出掛けた。午後8時すぎに同市阿倍野区の路上で検問を受け、酒気帯び運転で検挙された。

 大阪府警は、警察官を酒気帯び運転で検挙した場合、書類送検することになっているが、巡査を検挙した阿倍野署員らは交通切符で済ませ、職業欄には「公務員」と書いていた。23日に巡査が大阪区検に呼び出されたことから職業が発覚した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-09 19:02 | 行政・公務員