タグ:飲酒 ( 5 ) タグの人気記事

 

会見の醜態は最も視聴された…海外メディアも痛烈コメント

2月17日14時6分配信 読売新聞

 G7には世界中のマスコミの関心が向けられていただけに、中川財務・金融相の記者会見での迷走と日本での混乱ぶりは、海外メディアでも盛んに取り上げられた。

 「記者会見での醜態は、すぐに日本でインターネットの動画サイトで流れ、最も視聴された」とやゆしたのは英タイムズ紙。ロイター通信は一連の経緯を報じたうえで、「厳しい経済情勢の中で待ったなしの予算審議への影響が懸念される」と指摘していた。

 AFP通信も「記者会見で眠たそうな様子を見せ、ろれつも回っていなかった」と会見での様子を詳報、「日本メディアはこのニュースを大きく伝えている」と紹介した。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-17 14:06 | 政治  

中川財務相 あきれる国民 首相にも批判の声

2月17日13時51分配信 毎日新聞

 しどろもどろの「醜態」を世界中にさらした会見から2日。中川昭一財務・金融担当相は17日会見し、「景気を良くする気持ちは非常に強い」と、予算と関連法案の衆院通過後の辞任を表明した。批判の強まりで辞任に追い込まれた印象は否めず、麻生政権はいっそうの打撃をこうむった形だ。以前から飲酒を巡る問題が指摘されていた中川氏。有権者からは「首相がすぐに辞めさせなかったのはおかしい」との批判の声が上がった。

 「健康管理が不十分で、多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」。午後0時半過ぎから財務省内で会見した中川財務・金融担当相は淡々とした口調で辞意を表明した。

 濃いグレーのスーツに身を包み、用意した紙に時折、視線を落とす。「昨晩から今朝にかけて診察を受け、風邪、疲労がたまっているとの診断を受けた」とも説明した。「もとより未熟でございますが、景気を良くするという強い気持ちも持っている。残された日々に全力を尽くしたい」。言葉の端々に悔しさがにじんだ。「午後から予算委員会があるので」。最後にそう言い残して、席を立った。

 深酒による酩酊(めいてい)は否定したものの、海外メディアには「居眠り運転」と酷評された。“お友達”の麻生太郎首相から16日夜に続投を指示されたが、未曽有の経済危機に直面する中、辞任に追い込まれた。

 ◇「次はしっかりした人を」

 買い物帰りの千葉県富里市の主婦、田中雅美さん(46)は「あの映像で世界中の人に日本の恥をさらした。麻生さんがすぐにクビにしなかったのもおかしい。次はしっかりした恥ずかしくない人を大臣に選んでほしい」と要望する。税務署に確定申告に来ていた横浜市神奈川区六角橋の無職、宮田澄子さん(78)は「常識的に考えて会見前には飲酒しないと思うので、薬の影響というのは本当だろう。ただ、ろれつが回らないような状態で会見するのは恥ずかしい」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-17 13:51 | 政治  

中川財務相 陳謝、「機内で風邪薬、酒も…相乗効果で」

2月16日13時50分配信 毎日新聞

 中川昭一財務相は16日午後、国会内で記者団に対し、ローマで行われた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)終了後の記者会見で、時折、ろれつの回らない口調でやりとりしたことについて、「風邪薬を(ローマに向かう)飛行機の中で飲んだ。それが多めになってしまったことが原因。酒も飛行機で飲み、その相乗効果で誤解を招いたのは事実で申し訳ない」と陳謝した。同時に「会見前には飲んでいない」と強調した。

 自らの進退問題については「それは首相が判断することだ」と語った。

 この問題で、河村建夫官房長官は16日朝、中川氏から電話で事情を聴取し、「自己管理に努めるように」と注意した。河村氏は同日午前の記者会見で「極めて遺憾だ。風邪薬、体調、疲れなどが一体となって出た結果だと思う」と述べた。

 中川氏は先月の衆院本会議で行った財政演説で26カ所を読み間違え、議事録を訂正。この際も「飲酒が原因ではないか」と指摘されたが、政府高官は「腰痛の薬が原因だろう」と説明していた。【清水憲司、坂口裕彦】
[PR]

by deracine69 | 2009-02-16 13:50 | 政治  

中川財務相 変調? G7会見でろれつ回らず

2月15日22時9分配信 毎日新聞

f0013182_5314696.jpg 【ローマ藤原章生】ローマで14日午後に閉幕した先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の記者会見の席上、中川昭一財務・金融担当相は、体調が優れないのか、時折ろれつの回らない口調がみられた。時差ぼけの影響か、疲労によるものか原因は不明だが、イタリア人の政府職員からは「彼はどうしたんだ」という声が聞かれた。

 中川氏は、白川方明日銀総裁らと会見に臨んだ。中川氏は終始眠そうにまばたきを続けていたかと思うと、白川総裁に対する記者の質問に「何、もう一度言って」と割り込んだり、いきなり語調を強め「どこだ」と質問した記者の位置を確認するなど、不自然な態度が目立った。

 また「アメリカの対策も……、一応……説明を、説明を……受けましたし」と、かなり遅い口調で語る場面もあった。


中川財務相、様子が変?=G7会見かみ合わず
2月16日0時58分配信 時事通信

 【ローマ15日時事】ローマで14日まで開かれていた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の閉幕後に記者会見した中川昭一財務・金融相の様子がおかしかった。終始ゆっくりとした口調で、言葉は途切れがち。時折ろれつが回らなかったり、眠そうに目を閉じたり。体調不良だったのか原因は分からないが、明らかに普通ではない様子に周囲の政府関係者も心配げだった。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-15 22:09 | 政治  

飲酒・喫煙者は早くアルツハイマーになる

2008.4.21 23:38 産経新聞

 【ワシントン=USA TODAY(キャスリーン・ファケルマン)】マウントサイナイ病院(マイアミビーチ)のランハン・デュアラ医師らの調査で、飲酒や喫煙の量が多い人は他の人より、若くしてアルツハイマーになる可能性が高いことが明らかになった。

 アルツハイマーと診断された60歳以上の患者938人の家族や知人から飲酒、喫煙の習慣を聞き取り調査。毎日コップ2杯以上のアルコールを飲んでいた患者は5年、たばこを毎日1箱以上吸っていた患者は2・3年、飲酒・喫煙習慣のない人よりアルツハイマー症状が早く出た。

 また、アルツハイマーになりやすい遺伝子APOE4を持っている人は3年早かった。遺伝子を持ち、飲酒・喫煙も続けていた患者がアルツハイマー症状を示す平均年齢は69歳で、そうでない人より8年早かったという。

 デュアラ医師は「若いときに飲酒・喫煙をやめればアルツハイマーを発症させる時期を遅らせることができる」として、早期の禁煙を勧めている。

 ラッシュ医大(シカゴ)のデニス・エバンス医師も「アルツハイマーになる危険因子は自分で軽減することができる。たばこは他の疾患の危険因子でもあり、節煙より禁煙すべきだ」と禁煙効果を強調している。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-21 23:38 | 社会