タグ:馬英九 ( 3 ) タグの人気記事

 

馬総統、反日団体に祝辞 尖閣領有主張し設立

2008年11月17日10時19分 共同通信

f0013182_11145167.jpg 【台北17日共同】台湾でこのほど尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を主張する反日団体の中華保釣協会が設立され、馬英九総統が異例の祝辞を寄せていた。17日分かった。反日団体では台湾最大規模とされ、設立集会に香港やマカオ、米国の活動家など約100人が出席した。同会は領有権問題の平和的解決を目指すとする一方、「毎年1回は釣魚島を目指す」とし、日本政府関係者が警戒を強めている。








台湾総統、新設の反日団体に祝辞 最大規模、尖閣領有を主張
11/17 10:47 北海道新聞

 【台北17日共同】台湾でこのほど尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を主張する反日団体「中華保釣(釣魚島防衛)協会」が設立され、馬英九総統が異例の祝辞を寄せていたことが17日分かった。反日団体としては台湾最大規模とされ、設立集会には香港やマカオ、米国の活動家など約100人が出席した。

 同会は「領有権問題の平和的解決を目指す」とする一方、「毎年1回は釣魚島を目指す」としており、日本政府関係者が警戒を強めている。

 設立に関与した活動家によると、馬政権発足直後の今年6月、内政部(総務省)が設立を正式許可。馬総統はかつて領有権を主張する活動に参加していたこともあるため、同活動家は「李登輝、陳水扁時代に抑え込まれていた活動が有利な状況を迎えた」と述べた。

 団体は「中国など各地の活動家ともネットワークを強化し、台湾社会における領有権の意識向上に努める」ことも掲げている。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-17 10:19 | アジア・大洋州  

台湾民進党が「60万人」大規模デモ 対中傾斜政権を批判

10月26日0時35分配信 産経新聞

 【台北=長谷川周人】台湾の野党・民主進歩党は25日、中国に急傾斜する馬英九政権を批判し、台北市内で大規模な反政権集会を実施した。中国製の有害物質入り食品の問題で「反中ムード」が高まる中、デモ行進には一般市民も加わって参加者は主催者発表で「60万人」に膨らんだ。これに連動して李登輝元総統もこの日、政権批判を行い「台湾派」の大同団結を呼びかけるなど、馬政権への風当たりが強まっている。

 今年5月の政権交代と同時に民進党初の女性主席に就任した蔡英文氏は、演説で「対中譲歩が多すぎる。馬英九(総統)は謝罪し、内閣は辞職せよ」と連呼。中国と台湾の関係を「地区と地区」と表現する馬総統を批判し、対中接近を急ぐ馬政権の政策は台湾の主権を損なうと危機感を示した。民進党は下野後、党勢の立て直しに追われてきたが、この日の集会は、新政権下で行われた抗議集会としては最大規模となり、新指導部の始動を台湾社会に印象づけた。

 「(中国製)毒入り食品に反対し、台湾を守ろう」をテーマに開かれた集会で民進党は、(1)有害物質混入への中国政府による謝罪と賠償(2)対中接近が招く台湾の主権損失に対する馬総統の謝罪(3)内閣の総辞職-の3つを要求。対中融和による経済振興策を掲げながら、平均株価が政権発足時に比べてほぼ半分という事態を招いた馬政権の責任を追及した。

 台湾経済の失速は、世界的な金融危機や原油高などが背景にあるが、馬総統の支持率は就任時をピークに急落している。時事週刊誌「遠見」が10月に行った世論調査では、「満足」と答えた人が23・6%と過去最低を記録。「不満」を訴えた人も67・6%に増え、具体的な成果を生み出せない政権への住民のいらだちが透けてみえる。

 一方、李登輝元総統はこの日、「台湾の前途は台湾人民が決めることで、胡錦濤(中国国家主席)や馬英九(総統)が決めることではない。台湾を売り渡すな」と強い調子で政権の対中傾斜を批判。李氏はこれまで、陳水扁前総統の体制下にあった民進党と一定の距離を保ってきたが、「台湾の国家主権と安全を守るために行動せよ」と、一転して同党主催の反政権デモへの参加を呼びかけた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 00:35 | アジア・大洋州  

日本人観光客に補助金=中国人誘致も当て外れ-台湾

10月14日17時51分配信 時事通信

 【台北14日時事】台湾は日本人観光客の誘致を目的に、補助金を支給する方針だ。燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の高騰や景気低迷などで、日本人観光客が減少しているのを受けた措置。馬英九政権が鳴り物入りで打ち出した中国人観光客の誘致も当てが外れており、補助金支給でドル箱の日本人観光客を呼び込む。

 対象は団体旅行客で、2万5000人を上限に一人3000元(約1万円)を旅行会社などを通じて支給する。これとは別に、航空会社に燃油サーチャージ代の一部を補てんし、個人旅行客も誘致する。早ければ年内にも始める意向だ。

 交通部(交通省)観光局によると、今年9月末までの日本人観光客数は約80万5000人と、前年同期比5万4000人以上も減少。昨年は通年で116万6380人と過去最多で、国・地域別でも首位だった。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-14 17:51 | アジア・大洋州