タグ:鹿児島 ( 20 ) タグの人気記事

 

鹿児島・桜島も噴火=入山規制に警戒強化-気象庁

2月2日10時44分配信 時事通信

 気象庁は2日午前、鹿児島・桜島の噴火警戒レベルを5段階で2の火口周辺規制から3の入山規制に引き上げたと発表した。対象は鹿児島市。桜島の昭和火口では1日から2日午前8時までに爆発的噴火が8回発生し、大きな噴石が5合目まで飛んだ。今後も噴火活動が活発化する恐れがあるという。

 昭和火口と南岳山頂火口から約2キロの範囲では、大きな噴石が弾道を描いて飛散したり、火砕流が起きたりする恐れがある。風下側では降灰と小さな噴石に注意が必要。雨が降ると、泥流や土石流が発生する可能性がある。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-02 10:44 | 社会  

パトカー内で少女にみだらな行為、鹿児島県警巡査を逮捕

10月16日21時35分配信 読売新聞

 鹿児島県警は16日、パトカー車内で少女にみだらな行為をしたとして、鹿児島市小松原1、県警機動隊の巡査中馬(ちゅうまん)健(たけし)容疑者(24)を、県青少年保護育成条例違反(淫行(いんこう))容疑で逮捕した。

 中馬容疑者は容疑を認めているという。県警は同日、同市の自宅や機動隊庁舎など4か所を捜索した。

 発表によると、中馬容疑者は8月17日午後4時半ごろ、同県薩摩川内(せんだい)市の九州電力川内原発の警備中、出会い系サイトで知り合った県内の無職少女(17)を携帯電話で呼び出し巡回用のパトカーに乗せ、市内の山中に移動し、車内でみだらな行為をした疑い。少女が18歳未満であることを知っていたと認めており、「妻以外の女性と関係を持ちたかった」と供述。犯行時は県警が貸与している「出動服」と呼ばれる紺色の服を着ていたという。

 県警によると、中馬容疑者は9月7日にもパトカー内で別の女性の胸を触り、県警が処分を検討していた。藤山雄治・県警本部長は「職員らに責任と自覚を強く促すとともに、規律保持を徹底し、県民の信頼回復に努める」とのコメントを発表した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-16 21:35 | 行政・公務員  

日本脳炎:ウイルス感染豚基準超え 県が注意報 /鹿児島

8月27日16時1分配信 毎日新聞

 県は25日、日本脳炎注意報を2年ぶりに発令した。ウイルスに感染した豚が基準値を超えたため。ウイルスを運ぶ蚊に刺されないよう、長ズボンの着用や防虫スプレーの散布など、予防を呼びかけている。

 健康増進課によると、日本脳炎はウイルスを持つ豚を刺した蚊(コガタアカイエカ)などに刺されて感染する脳など中枢神経の病気。蚊は水田・沼地で発生し、日没後に活動する。幼児や高齢者では、死亡の危険性が大きくなるという。県内の感染者は95年の1人が最後。【神崎真一】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-27 16:01 | 社会  

霧島連山の新燃岳が17年ぶり噴火 警戒レベル「2」に

2008年8月22日21時28分 朝日新聞

f0013182_2183167.jpg 鹿児島地方気象台などは22日、鹿児島・宮崎県境の霧島連山の新燃岳(しんもえだけ)(1421メートル)が噴火したと発表した。91年12月以来17年ぶり。今後、火山活動が活発化する恐れがあり、噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げた。周辺市町は火口から半径1キロ圏内に立ち入らないよう呼びかけている。

 鹿児島地方気象台によると、噴火を観測したのは22日午後4時34分。火口の位置や噴煙の高さなどは天候不良で確認できなかったが、火山性微動を観測したことや、宮崎県小林市内の住民から「火山灰が混じった雨が降った」との情報があったことから噴火と判断した。「今後、被災の範囲が半径1キロを越えると予想される場合は警戒レベルの引き上げを検討したい」と話している。

 鹿児島、宮崎両県の周辺市町は新燃岳への登山を禁止する看板を登山口に設置した。

 霧島連山では高千穂峰から新燃岳を経て韓国岳に至る縦走コースが人気で、影響が懸念される。ただ、ふもとの温泉街や、北側のえびの高原などは新燃岳から離れており、観光にほとんど影響はないと地元観光業界は見ている。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-22 21:28 | 社会  

赤字三セクから寄付86万円 保岡法相の自民鹿児島支部

2008年8月17日3時1分 朝日新聞

 保岡法相が支部長を務める自民党鹿児島1区支部が05年以降、鹿児島市と鹿児島県の出資する第三セクターのホテル運営会社から計86万円の寄付を受けていたことがわかった。会社は長年にわたり債務超過の状態にあり、三セク企業と3年以上赤字の企業の政治献金を制限した政治資金規正法に違反する恐れがある。

 朝日新聞の取材を受け、同支部は「法違反の誤解を招きかねない寄付なので返還した」として、14日付で全額を返した。

 この三セクは、鹿児島市で鹿児島サンロイヤルホテルを運営する鹿児島国際観光。資本金2億5千万円のうち市が5千万円、県が1千万円を出資する。1区支部によると、05年2月以降、ほぼ毎月2万円ずつ寄付していた。

 政治資金規正法は、自治体の出資する法人が、首長や議員の選挙で推薦や支持をする政治団体に寄付することを禁じている。自民党県連は市長選や知事選で推薦をしており、総務省政治資金課は「小選挙区支部と県連の政治活動は一体と考えられ、寄付は違法の恐れがある」という。

 さらに、同法は3年以上続けて決算で欠損金の出た会社の寄付を禁じているが、同社の財務状況は20年ほど前から債務超過が続き、08年3月期も12億4700万円の債務超過だった。

 取材に対し、鹿児島国際観光は「頼まれて寄付に応じた。問題があるとは思わなかった」とし、1区支部は「赤字企業との認識はなかった。三セクの献金がただちに違法かどうかはわからない」としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-17 03:01 | 政治  

<記事盗用>奄美新聞がおわび掲載し謝罪

8月6日23時11分配信 毎日新聞

 日刊紙「奄美新聞」(鹿児島県奄美市)が日刊紙「南海日日新聞」(同)の記事を盗用したとして、5日付でおわびを掲載し、謝罪した。

 奄美新聞によると、記事は「マドンナ加計呂麻へ帰る」の見出しで3日付に掲載された。映画「男はつらいよ」のヒロイン役の女優、浅丘ルリ子さんが、撮影現場となった同県瀬戸内町加計呂麻島をテレビ番組で訪問したという内容。

 今年1月入社の新人記者が、同町から情報提供を受け電話で取材した後、2日付の南海日日新聞の記事を見ながら書いたという。4日に南海日日新聞から「独自にとったコメントなど内容が酷似している」と指摘を受け、奄美新聞が「盗用と指摘されても否定できない」と認めた。

 奄美新聞の千田重弘社長は「二度と繰り返さないよう記者教育や社内体質改善に努めたい」とのコメントを出した。【神田和明】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-06 23:11 | 社会  

提訴:1億円返金求め町長を--屋久島町住民

8月6日14時2分配信 毎日新聞

 「旧屋久町が中心市街地活性化用地の取得名目で、無価値の土地を高額で購入した」として、屋久島町の住民が、当時町長を務め、今は屋久島町長の日高十七郎氏に約1億1768万円の返金を求める住民訴訟を鹿児島地裁に起こした。

 訴状などによると、01年8月、旧屋久町は中心市街地活性化用地目的で、安房の7342平方メートルの土地を購入。土地の70%が急傾斜地で、専門家による時価評価額の算定をせず、不適切な土地売買で、町に損害を与えたとしている。屋久島町総務課は「価格は取得委員会で協議したので、土地取得の経緯に問題はなかった」としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-06 14:02 | 行政・公務員  

台湾産ウナギを「国産」と偽装容疑、2人逮捕 鹿児島

2008年05月29日12時56分 朝日新聞

 食品総合商社の東海澱粉(静岡市葵区)が台湾産のウナギを国産と偽装した事件で、鹿児島県警は29日、同社の元社員2人を不正競争防止法違反(産地偽装表示)の疑いで逮捕した。この事件での逮捕は初めて。

 逮捕されたのは、片山真(46)=静岡県藤枝市=、鈴木禎之(43)=鹿児島県鹿屋市=の両容疑者。調べでは、06年9月から12月にかけて4回にわたり、鹿児島県内の加工会社2社に台湾産のウナギ計約16トンを販売する際、国産と偽装するため「国内産」と記載した納品書や請求書などを送り、原産地を誤認させる表示をした疑い。いずれも容疑を認めているという。

 当時、片山容疑者は水産2部活鰻(かつまん)グループ課長で、販売責任者だった。鈴木容疑者は同県東串良町の大隅営業所長を務めていた。この取引で、同社が不正に得た利益は約420万円に上るという。

 この事件では、県警が今年2月に農林水産省からの通報を受け、捜査に着手。3月に大隅営業所や鈴木容疑者の自宅など5カ所を捜索した。

 県警は、ほかにも国産と偽装した例がないか調べている。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-29 12:56 | 経済・企業  

<タタ>自動車関連部門初の営業拠点を開設 鹿児島市に

4月21日18時55分配信 毎日新聞

 インドのタタグループの自動車部品会社、タタオートコンプシステムズリミテッドは21日、日本にタタの自動車関連部門としては初の営業拠点を開設したと発表した。トヨタ自動車などインドで現地生産を進めている自動車メーカーとの接点を強め、取引の拡大につなげる狙いという。

 鹿児島市内に駐在員事務所を開設し、来年までに首都圏に移転する計画だ。タタオートコンプはタタ自動車だけでなく、トヨタやホンダなどがインドに開設した現地工場にも部品を納入している。インドの経済成長に伴って、各社の生産規模は拡大する見通しで、日本メーカーと密接に接触できる体制を整えることにした。【宮島寛】
[PR]

by deracine69 | 2008-04-21 18:55 | 経済・企業  

奄美のクロウサギ、ナゾの大量死

11月14日13時7分配信 産経新聞

 鹿児島県・奄美大島で国の特別天然記念物「アマミノクロウサギ」の死骸11体が発見されていたことが14日、分かった。環境省や奄美市教育委員会などで死因を調べている。

 奄美市教委などによると、死骸は12日午前10時ごろ、奄美大島の奄美市と瀬戸内町を結ぶ林道であまみ大島森林組合の職員が発見し、奄美市に通報した。死骸は舗装された林道の中央や道路脇などで7、8キロにわたって点々と見つかり、うち3体は白骨化するなど死後かなりの時間が経過していた。残り8体には外傷はなく、環境省の奄美野生生物保護センターなどで、人間のいたずらか病死の可能性があるとみて死骸を解剖し、死因の特定を急いでいる。

 同市教委によると、現場は両側を森に囲まれた林道で、アマミノクロウサギも比較的よく目撃される場所だという。アマミノクロウサギにはハブ以外に天敵がおらず、車が近づいても逃げないことから、人間でも容易に捕まえることができるという。

 アマミノクロウサギは奄美諸島の奄美大島と徳之島だけに生息する希少動物で、特別天然記念物や絶滅危惧IB類(EN)(環境省レッドリスト)や国内希少野生動植物種(種の保存法)にも指定されている。両島には数百万年前の状態で生態を続けているとされ、ウサギ科では最も原始的な種といわれる。
[PR]

by deracine69 | 2007-11-14 13:07 | 社会