タグ:麻生太郎 ( 148 ) タグの人気記事

 

首相、読み飛ばしちゃマズイのでは…大相撲の表彰式

1月25日22時34分配信 読売新聞

 麻生首相は25日、東京・横網の両国国技館で行われた大相撲初場所千秋楽の取組終了後、優勝した横綱朝青龍に内閣総理大臣杯を授与した。首相は「数々の試練を乗り越えての優勝。やっぱり横綱は強くなくっちゃ」と朝青龍の戦いぶりを称賛した。

 過去には、2001年夏場所で小泉首相(当時)が横綱貴乃花(同)を「感動した」とたたえて評判となった。麻生氏もこれを意識したと見られるが、表彰状の読み上げの際、「内閣総理大臣杯」の「杯」を読み飛ばし、「内閣総理大臣 朝青龍明徳殿」と述べる場面もあった。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-25 22:34 | 政治  

旧麻生鉱業に外国人捕虜300人=63年前、公文書に記載-厚労省

12月18日16時57分配信 時事通信

 麻生太郎首相の親族が経営していた旧「麻生鉱業」(福岡県)に戦時中、外国人捕虜が300人いたと、厚生労働省が保管していた公文書に記載されていたことが18日分かった。

 民主党の藤田幸久参院議員の求めに応じ、同省が回答した。藤田議員によると、首相は外相時代から旧麻生鉱業に捕虜がいたことを一貫して否定。政府として認めたのは初めてという。

 同省が藤田議員に示した公文書は4つあり、陸軍省を引き継いだ旧第一復員省などが作成したとみられる。

 旧麻生鉱業吉隈炭坑の捕虜収容所「第26分所」に、1945年5月10日から終戦の8月15日まで、英国人101人、オランダ人2人、オーストラリア人197人がおり、うち同年7月にはオーストラリア人2人が死亡したなどと記載されていた。

 18日記者会見した藤田議員は「首相は捕虜の労働条件や、死亡との因果関係について検証する責任がある」と話した。

 厚労省社会・援護局は「捕虜を使うのは当時の状況では普通のこと。虐待などがあれば問題だが、この資料からは分からない」としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-18 16:57 | 政治  

「医師常識欠落」発言を撤回=日医会長に陳謝-首相

11月20日15時53分配信 時事通信

 麻生太郎首相は20日午後、日本医師会(日医)の唐沢祥人会長と首相官邸で会談した。唐沢氏によると、首相は「社会的常識がかなり欠落している人が(医師に)多い」などとした自身の発言を陳謝した上で、「誤解を与えているようで、不適切であり、撤回する」と述べた。唐沢氏は、発言に抗議するため、首相を訪れた。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-20 15:53 | 政治  

しつけるべきは母親=幼稚園PTA大会で麻生首相

2008/11/19-22:52 時事通信

 麻生太郎首相は19日、都内のホテルで開かれた私立幼稚園PTAの全国大会であいさつし「家庭でしつける力がなくなってきた」と指摘した上で、「じいさん、ばあさん、やかましいおやじさんの存在が薄くなってきたせいもあって、幼稚園で何とかしろと負担が掛かってきている。しつけるべきは母親だ」などと苦言を呈した。

 首相は「幼稚園は、お子さんの後ろにくっついている親で苦しむ」などとも述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-19 22:52 | 政治  

麻生首相:漢字は苦手? 頻繁に読み間違い

2008年11月13日 毎日新聞

 ◇頻繁(ひんぱん)→はんざつ/踏襲(とうしゅう)→ふしゅう

 国会答弁やあいさつで、麻生太郎首相=似顔絵=の漢字の読み間違いが目立っている。12日に母校の学習院大学で行われた日中交流行事のあいさつで、用意された原稿では日中首脳会談に関し「1年のうちにこれだけ頻繁に首脳が往来したのは過去に例がない」とあったが、「頻繁(ひんぱん)」を「はんざつ」と読み誤った。

 7日の参院本会議では、政府が過去のアジア諸国への侵略行為を謝罪した「村山談話」を「踏襲(とうしゅう)」と言うべきところを「ふしゅう」と答弁した。

 首相は12日夜、記者団から「読み間違いが多いという印象がある」と指摘され、「そうですか。単なる読み間違い」と答えた。【塙和也】

More
[PR]

by deracine69 | 2008-11-13 06:00 | 政治  

<雇用保険>国庫負担廃止「絶対反対」 舛添厚労相

10月28日18時2分配信 毎日新聞

 舛添要一厚生労働相は28日の閣議後会見で、政府の行政支出総点検会議がまとめた雇用保険の国庫負担廃止について「絶対反対。国庫負担はきちんとやるのが大前提。でないと(厚生)労働省はいらない。私は絶対(承諾の)サインはしない」と述べ、反対を貫く姿勢を示した。

 雇用保険の国庫負担(08年度1600億円)削減は、09年度の社会保障費の伸びを2200億円抑制する主要財源としても想定されている。舛添氏はたばこ税の増税分を社会保障費抑制の財源にする考えで、年末の09年度予算編成で綱引きが繰り広げられそうだ。【吉田啓志】
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 18:02 | 政治  

「麻生」からの献金、首相釈明 「適正に届けている」

2008年10月28日10時49分 朝日新聞

 九州新幹線の高架橋に欠陥のあるパネル材料が使われていた問題で、麻生首相は28日の参院外交防衛委員会で、パネル材料の販売元の株式会社麻生(旧・麻生セメント)から04~07年に計50万円の寄付と計300万円のパーティー収入を得ていたことを明らかにした。「違法ではなく適正に届けている」と説明した。

 この日の委員会で、民主党の浅尾慶一郎議員の質問に答えた。麻生氏によると、自ら代表を務める自民党福岡県第8選挙区支部が04年、同社から50万円の寄付を受けた。また、麻生氏の資金管理団体「素淮会(そわいかい)」は06年と07年に、同社からそれぞれ150万円のパーティー収入があった。

 浅尾氏が「九州新幹線の事業費のほとんどに使われた税金の還流にあたるのではないか」と認識をただしたのに対し、麻生氏は「そういう認識を持っているわけではない」と答弁。同社の欠陥パネル材料販売の問題については、「社長を辞めて30年ぐらいになるので知らないが、おかしいと知りながら売ったとすれば問題だ」と答えた。

 同社は01年、社名を「麻生セメント」から変更。麻生氏の弟が社長を務め、妻が取締役に名を連ねる。麻生氏も政界に入る79年まで社長を務めていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 10:49 | 政治  

「麻生首相宅見に行こう」=ネットで呼び掛け、無届けデモ-男3人逮捕・警視庁

2008/10/26-20:55 時事通信

 「麻生太郎首相の自宅を見に行こう」と呼び掛け、無届けでデモ行進を行ったなどとして、警視庁公安部と渋谷署は26日、東京都公安条例違反と公務執行妨害の現行犯で、氏名不詳の男3人を逮捕した。3人は黙秘しているという。

 調べによると、デモの主催者とされる30歳ぐらいの男は同日午後3時50分ごろ、渋谷区宇田川町の路上で、都公安委員会に許可申請をせずにデモ行進をした。40歳ぐらいの男2人はデモの際、警察官の体を引っ張るなどして、公務の執行を妨害した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 20:55 | 社会  

麻生首相をマジギレさせた女性番記者の“口撃術”とは

切り込む姿勢目立ち
2008/10/23 ZAKZAK

f0013182_1512582.jpg 麻生太郎首相のナイトライフに鋭く切り込む質問を行ったのは、今年夏に総理番記者となった北海道新聞の長谷川綾記者。突撃取材など、その“敏腕”ぶりには定評があるようだが、いったいどんな記者なのか。

 22日昼、長谷川記者は首相に対し、「夜の会合に連日行っていて、1晩で何万円もするような高級店に行っているが、それは庶民の感覚とはかけ離れていると思う。総理はどのように考えるか」と直撃した。

 この時は、首相に「ホテルが一番多い。あなたは高級料亭に毎晩みたいな話に作り変えていますが、それは違うだろうが」などと切りかえされたが、それでも諦めないのがねばり強いところ。

 その日の夕方のぶら下がり取材でも、「首相が利用しているホテルを調べてみると、部屋を数時間利用するにも1泊分の料金を払わなくてはいけない。それが9万円くらいから25万円くらいまで料金がある。それを払うというのは安くないと思うが、首相の考えは」と再質問したのだ。

 これには首相も「あの、ホテルの部屋という話ですけれども。部屋と断定しておられますけど、ホテルのバーというのもあって、ホテルのバーってそんなに高いとこじゃないっていうのは、ご存じじゃないんじゃないでしょうか」と、呆れた様子で応えた。

 ただ、他社の総理番記者からは「政治部の記者が、なかなか突っ込んで聞けないような、自分なりの価値観に基づいた質問で切り込む姿勢がよく目立っている」という声も出ており、なんにせよ一目置かれている存在であるのは間違いない。

 実際、政府高官との懇談でも真横に陣取り熱心に話を聞く姿がしばしば目撃されている。

 北海道新聞東京支社政経部では、長谷川記者の“活躍”について「いい質問をしましたが、北海道新聞というよりも内閣記者会の一員として質問しただけ」と話すが、今後の両者のバトルの“行方”が注目される。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-23 12:00 | 政治  

スーパー視察の後に…野党から辛辣な批判

10月22日22時5分配信 産経新聞

 麻生太郎首相が執務終了後の夜日程で、高級ホテルのバーなどで会合、会食を繰り返していることについて22日、野党の幹部からは辛辣(しんらつ)な批判が相次いだ。

 国民新党幹部は国会内で記者団に「首相が夜飲み歩くのはひどい。人柄が出てるよ。首相っていうのは、国民が苦しい時は一緒に苦しい顔をするもんだ。それが全く分かっていない」と指摘した。

 民主党の簗瀬進参院国対委員長は記者会見で「スーパーで庶民の生活をちょっと見て、その夜は超高級ホテルで秘書(官)と食事をしている。スーパー視察は単なるパフォーマンスということだ」と述べた。社民党の福島瑞穂党首は会見で「超一流ホテルの、しかもバーで、秘書官や身内と懇談している。個人のカネで飲むのをノーとはいえないが庶民の感覚では豪遊だ。私費で普通やったら破産しちゃう。お金と体がよく持つなあ」と述べた。

 民主党執行部の1人は同日夜、夜会合について質問した記者への首相の逆質問の激しい口調について「言葉遣いが悪いなあ。よっぽど行きたいんだろうな」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-22 22:05 | 政治