タグ:黒龍江 ( 4 ) タグの人気記事

 

中国・黒龍江、農作物に被害を及ぼす蛾が大量発生

2008年08月18日21時12分 新華通信社

新華社黒龍江:黒龍江省農業委員会によると、同省では現在、蛾の一種「草地螟(Loxostege sticticatis Linnaeus)」による大規模な虫害が発生している。成虫の発生面積は4300万ムー(約288万1000ヘクタール)に及ぶ。黒竜江省では被害防止案を始動し、専門家を集めて調査と対策を進めている。

7月末から8月にかけて、黒竜江省では「草地螟」の成虫が大量発生。その数は調査区画1区画あたり2000匹、多いところで1万匹以上となった。これほど広範囲に高い密度で虫害が発生することはめったにない。

黒竜江省の関連部門の担当者によると、現在、第2世代の幼虫が生まれており、農作物への被害はさらに拡大する可能性があるという。

「草地螟」の幼虫は農作物の葉を食べ、1ヶ所の作物を食べつくすとほかの農地へ集団で移動する。主に大豆・ヒマワリ・万寿菊・テンサイ・トウモロコシなどが被害に遭う。

黒龍江省ではこの深刻な状況に対応するため、職員を総動員して各地で対策を講じている。現在までに投じられた予防資金は3586万2000元(約5億7000万円)、対象面積は550万ムー(約37万ヘクタール)。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-18 21:12 | アジア・大洋州  

中国黒竜江省で退役軍人1000人が暴動=香港紙

2007/09/17 08:22 朝鮮日報

 中国黒竜江省チチハル市で、職業訓練を受けていた退役軍人1000人余りが暴動を起こし、警官隊との衝突で10人が負傷し、5人が逮捕されたもようだ。今回の退役軍人による暴動は内モンゴル自治区などから飛び火した、と香港紙・明報(電子版)が16日報じた。

 香港に拠点を置く人権団体「中国人権民主運動情報センター」によると、14日未明からチチハル市の鉄道学校で、退役軍人らが酒の瓶を学校の建物や寄宿舎に投げつけるなどし始めたという。

 その後、治安部隊が駆けつけると、退役軍人らは鉄道学校を出てチチハル駅方向に進もうとしたが、これを阻止しようとする警察との間で流血の事態に発展した。 

 15日未明には、退役軍人二人がむちで打たれて死亡したといううわさをきっかけに、他地域の退役軍人も合流し、警察の車両3台が破壊された。 なお、騒ぎは午前3時ごろ鎮圧されたという。

 これに先立ち、内モンゴル自治区、陝西省、湖北省でも鉄道学校で教育を受けていた退役軍人2000人が同時に暴動を起こしたため、中国鉄道省は鉄道学校12カ所で職業訓練を受けていた約6000人の退役軍人を帰郷させるよう緊急に指示した。

 情報センターによると、中国軍当局は兵力削減による除隊者を対象に鉄道学校での再就職訓練を受けさせているが、課程修了後の就職が難しく、不満が高まっていたという。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-17 08:22 | アジア・大洋州  

ソ連軍の満州略奪、生々しく=米調査団が大量に写真撮影

8月18日3時1分配信 時事通信

 【ワシントン17日時事】1945年(昭和20年)8月9日に満州(現中国東北部)に侵攻したソ連軍が繰り広げた略奪の傷跡を生々しく記録した珍しい写真多数が米国立公文書館や議会図書館に保管されていることが、浅野豊美・中京大教授(東アジア国際関係史)の調査で分かった。写真には工場設備や工作用機械が根こそぎ撤去された在満日本企業の無残な姿が写し出されている。

 この写真は終戦後間もない46年5~6月、当時のトルーマン米大統領によって派遣されたエドウィン・ポーレー特使率いる対日賠償調査団が満州を視察した際、随員によって撮影された。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-18 03:01 | アジア・大洋州  

巨大モルモットをまるごとペロリ!ミャンマーから「黄金の蛇」光臨―黒龍江省ハルビン市

7月30日15時28分配信 Record China

f0013182_16414636.jpg2007年7月28日、記者は、ハルビン市のペット館で、ニシキヘビがモルモットを呑み込む瞬間の撮影に成功した。

飼育員によると、この黄金に輝くニシキヘビはミャンマーから輸入したもので、全長4メートル、体重40キログラムの巨漢。しかし意外にも食事は月一回のみで、モルモットが大好物なのだという。月1の食事には、1匹1キログラムのモルモット5匹がお決まりのメニューだそうだ。(翻訳/編集・YO)
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 16:41 | アジア・大洋州