タグ:ASEAN ( 4 ) タグの人気記事

 

ミャンマー国民投票、サイクロン被災地47地区で終了

2008年5月25日01時24分 読売新聞

 【ヤンゴン=寺口亮一】サイクロンで被害が出たミャンマーのヤンゴン、エヤワディ両管区の被災地で24日、延期されていた新憲法案の是非を問う国民投票が行われた。

 軍部の政治的役割を保証する同案は、賛成多数となった10日の投票結果で事実上承認済み。同国軍事政権は、独善的な「民主化」を進展させる一方、25日に最大都市ヤンゴンで開かれる国連・東南アジア諸国連合(ASEAN)共催の国際支援会合で復興資金獲得にメドをつける構えだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-25 01:24 | アジア・大洋州  

「今後重要なパートナー」23% 存在感薄れる日本 ASEAN6カ国世論調査

5月13日8時26分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

 ■「中国」33%と開き

 【ハノイ=坂本一之】日本の外務省がベトナムも含む東南アジア諸国連合(ASEAN)6カ国を対象に実施した世論調査で、ASEANにとって今後の重要なパートナー国として「日本」よりも「中国」を選ぶ傾向が強まっていることが明らかになった。急成長した中国との経済関係が深まるASEANで、日本の存在感が相対的に弱まった実態が浮き彫りになった。

 この調査は外務省がインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールとタイ、ベトナムの6カ国で18歳以上を対象に、2~3月に実施してまとめた。

 ASEANにとって「現在の重要なパートナー」を聞いたところ、「中国」との回答は30%。「日本」は中国をやや下回る28%だった。ただ、「今後の重要なパートナー」としては中国が33%に拡大する一方、日本は23%に縮小し、中国の存在感がASEANの近未来においてさらに増大する傾向が明らかになった。

 また、国別にみるとインドネシア、フィリピン、ベトナムは重要国に日本を選ぶ人が最も多かったのに対し、経済発展が進んでいるマレーシア、タイ、シンガポールは中国を選ぶ人が最も多かった。対中投資や貿易が進んでいることが背景にあるとみられている。

 重要国でインドとの回答は「現在」で全体の1%しかないが、「今後」を問うと6%に拡大。中国と同様に経済の急成長が存在感の浮揚につながるもよう。

 経済産業省が「中国やインドの発展で日本の存在感が弱まる可能性が強い」と懸念しているが、ASEANにおける対日認識の低下はすでに明白といえる。

 在ハノイ外交筋は「首脳間の相互往来や政府開発援助(ODA)だけでなく経済関係の強化が2国関係の強化に欠かせない」と指摘するが、中国・インドとASEANの経済関係が拡大するほど日本の影響力低下は避けられない状況だ。

 一方、ASEANが日本との間で進めている経済連携協定(EPA)や自由貿易協定(FTA)で期待する事象として、「ASEAN各国の経済構造改革の推進」との回答が27%。「日本からの技術支援」は19%で、自由貿易の制度を整えることで、自国の産業強化と日本の持つ技術力の導入に期待感を示している。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-13 08:26 | アジア・大洋州  

「重要な国」、日本より中国=ASEAN対象に調査-外務省

2008/05/01-20:54 時事通信

 外務省は1日、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟6カ国を対象にした対日世論調査の結果を発表した。「現在重要なパートナー」と考える国を一つだけ挙げてもらったところ、中国が29.7%を占めてトップとなり、日本は28.0%で2位だった。「今後重要なパートナー」を聞いたのに対しても、首位中国、2位日本の構図は変わらなかった。

 調査は今年2~3月、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム各国で、18歳以上300人ずつの計1800人を対象に実施した。調査は5年ごとに行っているが、重要なパートナーを尋ねたのは初めて。

More
[PR]

by deracine69 | 2008-05-01 20:54 | 行政・公務員  

ASEAN、ミャンマー問題で大荒れ

11月20日8時31分配信 産経新聞

 東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国シンガポールのリー・シェンロン首相は19日夜、首脳夕食会後に異例の特別声明を発表し、同国が招請していたガンバリ国連特使の東アジアサミットなどの出席を取りやめたと発表した。ガンバリ特使の出席をめぐってはミャンマーが激しく反発していた。

 また、夕食会ではフィリピンのアロヨ大統領が、ミャンマーが民主化運動指導者のアウン・サン・スー・チーさんを解放しない限り、「比議会が憲章を批准することは困難だ」と強調、ミャンマーに民主化の進展を迫った。最高規範となる憲章をめぐっては、19日の外相会議で草案に合意、20日に調印が予定されているが、一国でも批准に失敗すれば発効できない。(シンガポール 藤本欣也)
[PR]

by deracine69 | 2007-11-20 08:31 | アジア・大洋州