タグ:IT ( 23 ) タグの人気記事

 

2ちゃんねる、“言論の自由なき日本”を見捨てた?

1月2日10時25分配信 産経新聞

 世界最大の掲示板といわれる「2ちゃんねる」が、ついに日本を捨てた-。2009(平成21)年が明けて間もない正月2日、2ちゃんねる開設者の「ひろゆき」(西村博之)氏が、自身の公式ブログで“2ちゃんねる譲渡”を報告した。譲渡先はシンガポール共和国の法人と思われる。(立川優)

■警察・裁判所を除けば、些末な出来事?

 2ちゃんねる譲渡が報告されたのは、「ひろゆき日記@オープンSNS」。2日の午前7時7分の刻印で、「2ch譲渡」と題したエントリには「そんなわけで、去年は何度も海外出張して2ch譲渡の打ち合わせをしてたりもしてたんですが、ようやく譲渡完了しましたよ。。と。」と書き込まれている。また、「現在のヒトコト」として 「ズサー」という言葉と、2ちゃんねるを象徴するアスキーアート「モナー」を添えており、書き込み時間の「21(年)1(月)2(日)7(時)7(日)」という反復・ぞろ目のアナグラム設定は、「ひろゆき」氏の“大したこと無いよー”的な表現のようだ。

 譲渡先は「PACKET MONSTER INC. 」とされており、これについての詳細な説明はない。ただ、2ch.netのドメインを所有しているのはwhois上でもシンガポールの「PACKET MONSTER INC. PTE. LTD.」となっており、形式上だが2ちゃんねるの所有権が「ひろゆき」氏の手を離れた。2ちゃんねるの所有権はこの数年、匿名書き込みをめぐる中傷・削除問題や損害賠償請求訴訟の点から幾度も“譲渡のうわさ”が流れていた。

 また、書き込みを保存するサーバー自体はアメリカ合衆国にあり、従来、2ちゃんねるガイドに添えられていた「書き込み削除の最終責任は管理人ひろゆきにあります。 」という表現自体も削除されていることから、訴訟などの諸問題を解決するための“仮想法人”への“仮想譲渡”である可能性が濃厚だ。ただ、今回の“外国への譲渡”が、書き込みをめぐる名誉棄損訴訟や法務省、警察庁など“ネットを取り締まる”官庁にも相当の影響を与えると思われる。

 2ちゃんねるは1999年、当時流行していたアングラ掲示板の“避難所”として設立された。「スレッドフロート式」と呼ばれるシステムが特徴で、新しい書き込みが多い掲示板(スレッド)、つまり“ネット上でもっとも盛り上がっているスレッド”ほど自動的にページトップに浮き上がる仕組み。ADSLが登場し、インターネットが常時接続時代に入った2000年、佐賀県で「西鉄バスハイジャック事件」が発生し、容疑者の少年が「ネオむぎ茶」という固定ハンドル名で2ちゃんねるに“犯行予告”を書き込んでいたらしいことから脚光を浴び、同年、Yahoo! JAPAN(ヤフー!ジャパン)にも登録され、国民的な人気サイトとなった。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-02 10:25 | 社会  

ジョブズ氏にまた健康不安説 アップルはコメントせず

2008年12月31日 10:11 USFL.COM

 ダウ・ジョーンズ通信は30日、CNBCテレビの報道として、電子機器大手アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)の健康状態が悪化しているとのうわさが米国のブログで取りざたされる一方、アップル側はコメントを控えていると伝えた。

 ダウ・ジョーンズによると、ジョブズ氏が来年1月にサンフランシスコで開かれる見本市への出席を見送ったのは、健康状態が急速に悪化したためだとの見方がブログで流れた。同氏は2004年に膵臓(すいぞう)がんを治療後、たびたび健康不安説が浮上している。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-12-31 10:11 | 北米・中南米  

ヒラギノフォントの中国語版開発 初の中国政府認証

2008年11月19日 07時00分 ITmedia News

f0013182_10104167.jpg 大日本スクリーン製造は11月18日、「ヒラギノフォント」の中国語版を開発したと発表した。日本のメーカーによる高品位フォントとしては初めて中国政府認証を取得したとしている。

 角ゴシック体の2書体(細・太)で、「現在の中国語書体で主流となっているクラシックな文字とは一線を画した、現代的でクールなデザインが特徴」という。開発は、日本語版をてがけた字遊工房と、中国印刷市場でトップのフォントベンダー・北京漢儀科印信息技術有限公司が協力し、中国国家規格に準じた2万8522文字に対応した。

 各種電子機器や家電、ソフトなどの表示用フォントとして、中国市場向け製品のブランド構築などに貢献するとしている。国内でのパッケージ販売は検討中。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-19 07:00 | 社会  

eMule

2008/11/12-11:37 時事通信

 eMule インターネットを通じ無料で入手できるファイル交換ソフト。ウイニーと特性が似ている面があり、日本ではまだ普及していないが、珍しいファイルや画像が入手できると海外では人気がある。ダウンロードが難しいファイルもeMuleでは可能なことがあるとされる。ダウンロード速度は遅いが、使い方は簡単とされる。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-12 11:37 | 社会  

ストリートビュー、関西でも“物議”

11月1日22時36分配信 産経新聞

 インターネット上の地図から現地の写真を見ることができる米グーグル社の無料サービス「ストリートビュー(SV)」で通行人などが無断で公開され、プライバシー侵害の懸念が広がっている問題。関西でも住民らから苦情が相次ぎ、大阪府などは悪用の恐れがあるとして実態把握に乗り出した。一方、SVの登場を新たなビジネスチャンスとみる企業もあり、サービスの妥当性をめぐる議論が続いている。

 ■家が丸見え

 「一人暮らしの祖母の家が丸見えだ。犯罪に悪用されないか」。SVのサービス開始後、大阪市消費者センターには市民からの問い合わせが数件寄せられた。神戸市広聴課には「自宅の表札が読み取れる」との声があったほか、京都市市民生活センターでも似た意見が寄せられている。

 SVを使ってサービス対象地域の地図を見れば、車の上部に取り付けたカメラから連続撮影したとみられる写真が次々と現れる。なかには、警察官から職務質問されているようにみえる人、ケンカしているようにみえる男女の写真も。グーグルは通行人の顔や車のナンバーなどについては、自動画像認識装置でぼかしを施しているとしているが、処理が抜け落ちている写真もある。

 ネット上ではこうした写真ばかりを集めたサイトが多数作られる一方、ブログや掲示板ではプライバシーの侵害を懸念する声も上がっている。

 ■規制求める声

 大阪府茨木市議会では9月10日、中村信彦市議(民主みらい)が一般質問でSV問題を取り上げ「個人の家や通行人、車、店、登下校中の子供たちの写真が本人の許可なく世界中に配信されている」と批判した。

 中村市議は取材に対し「空き巣など犯罪の下見に悪用される恐れもある」と指摘。「府迷惑防止条例を改正して撮影自体を禁止するべきだ」と主張する。

 同市の小西利一人権部長は「企業活動であり安易に規制できないが、対策を研究していく」と述べた。

 同市からの問題提起を受け、府と府市長会は10月下旬から、SVを悪用した人権侵害の実例について実態把握に乗り出した。

 こうした動きにグーグル広報は「掲載を望まない方がいることは承知している。こうした場合は、ヘルプページを通じて、(グーグル側に)簡単に知らせる仕組みを用意している」とこれまでの立場を堅持。個別の申し出に応じて写真を削除する場合はあるが、自治体などからの全面的な撮影、公開の自粛要請には応じない姿勢だ。

 ■前向き活用も

 一方、SVの機能をビジネスや地域振興に活用しようという動きも出てきている。飲食店の口コミサイト「食べログ」では、店舗の場所の表示にSVを利用。小樽商科大(北海道小樽市)の学生らが運営するグルメ・観光情報サイト「おたるクーマップ」でもSVを使い、市内の飲食店や宿泊施設を紹介している。

 不動産仲介業のヒューネル(東京)もマンションなどの分譲物件の紹介にSVを利用。「現地に足を運ばなくても周辺の状況が分かる」と利用客からは好評だという。



■森井昌克・神戸大大学院工学研究科教授(情報通信学)の話

 「自分が望む情報を、いつでも得られるのが情報化社会の本質。こうしたサービスを規制すれば、情報化社会に取り残されてしまう。日本人はどちらかというとプライバシーの意識が甘く、本当に見られたくないなら、自ら守る姿勢が必要」

■ITジャーナリストの津田大介さんの話

 「プライバシーの考え方は国によって違うのに、グーグルは日本でサービスを始める前にサービス内容を調整することをせず、コンセンサスを得る努力を怠った。治安情報と組み合わせて犯罪防止に役立てるなど、社会にプラスになる使い方を模索していくべきだ」



【用語解説】ストリートビュー

 ネット検索最大手、米グーグル社の地図検索サービス「グーグルマップ」の付加機能。昨年5月に米国でサービスを始め、日本では今年8月5日から東京や大阪、京都、神戸など12都市を対象に開始した。地図の道路をクリックすると、その道路を車で通行しながら撮影したとみられる高さ2・5メートルからの360度パノラマ写真を無料で見ることができる。以前から官公庁など法人向けに同様のサービスを提供していた日本企業もある。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-01 22:36 | 社会  

<日銀>資料流出で破産 「風評被害」松江の酒店

10月30日2時32分配信 毎日新聞

 日本銀行松江支店(松江市)の内部資料が3月、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」の暴露ウイルスでインターネット上に流出した問題で、資料に「破綻(はたん)懸念先」と実名で記された松江市内の酒店が松江地裁に破産を申し立て、手続き開始が決定された。「風評被害で資金繰りが悪化した」として、日銀側と進めていた補償交渉が進展しないまま経営破綻に陥った。負債総額は1億5000万円。

 関係者によると、資料流出後、酒店は卸業者から取引中止や取引量を制限されるなどして、売り上げが減少。一部の卸業者からは以前の取引量に戻す条件として、保証金約3000万円を求められるなどし、経営継続を断念した。店舗の閉鎖後も、代理人を通じて日銀側と交渉しているが、進展がないという。

 酒店の経営者は、破産手続きをしたことで自宅や土地に抵当権を設定され、アパートを借りる資金もないという。経営者は「提訴も視野に入れている」と言う。

 日銀松江支店の臼井正樹次長は「相手のあることなので交渉の内容は話せない。ご迷惑をおかけした企業には申し訳ない」と話している。

 資料は3月下旬、松江支店の男性職員(4月に自主退職)がデータを自宅に持ち帰って私有パソコンで作業し、暴露ウイルスに感染、流出した。【岡崎英遠】
[PR]

by deracine69 | 2008-10-30 02:32 | 社会  

<ソフトバンク>金融危機で最大750億円の特別損失か

10月29日23時8分配信 毎日新聞

 ソフトバンクは29日、金融危機の影響で最大750億円の特別損失が出る可能性があると発表した。

 同社によると、06年に買収した旧ボーダフォン日本法人の社債750億円の償還資金を金銭信託し、この信託が債務担保証券(CDO)を保有していた。CDOは160銘柄で、すでに6銘柄が債務不履行となり、もう1銘柄不履行になると456億円、さらに1銘柄不履行になると750億円全額、ソフトバンクの損失になるという。【前川雅俊】


ソフトバンク最高営業益 9月中間連結7・3%増1800億円
10月29日23時6分配信 産経新聞

 ソフトバンクが29日発表した平成20年9月中間連結決算は本業のもうけを示す営業利益が前年同期比7・3%増の1800億円となり、半期ベースで過去最高を記録した。端末販売が前年同期比2割減となった主力の携帯電話事業は減収減益を余儀なくされたが、ヤフーが手がけるインターネット事業やブロードバンド通信のインフラ事業が大きく伸びた。通期の営業利益は前期比4・8%増の3400億円を見込む。

 通期予想の公表は6年ぶり。孫正義社長は同日の会見で、「当社の借入金が多いことを不安視する向きがあり、業績やフリーキャッシュフロー(現金収支)などの見通しについて、明確にすることがベターと判断した」と述べた。

 売上高は同2・6%減の1兆3289億円。インターネット事業が2ケタ増収だったが、携帯電話、固定電話、インフラの3事業は減収。最終利益は同11・5%減の411億円。

 9月末の有利子負債残高は2兆4949億円で前年同期比1114億円の減。このうち、携帯電話事業買収に伴う借入金1兆2392億円について、孫社長は「(最終返済期限の平成30年度を待たずに)来期から4、5年で返済できる」との見通しを示した。

 また設備投資の一巡などで現金収支も大幅に改善され、今期は1400億円のプラス(前期は1642億円のマイナス)に転じる見込み。

 同社に対しては、金融危機による市場の混乱による資金繰りの悪化懸念から、29日の終値で株価が今年の高値の3分の1の750円に急落している。これに対し、孫社長は「フリーキャッシュフロー、営業・経常利益すべてが好転している実体とかけ離れている」と述べ、経営不安説を強く否定した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-29 23:08 | 経済・企業  

「黒デスクトップ事件」、国家版権局がまもなく見解表明

2008年10月26日13時37分 人民網日本語版

 マイクロソフト(中国)は20日から、「正規ウィンドウズ推奨プログラム(WGA)」と「正規オフィス推奨プログラム(OGA)」の通知を開始した。これを受け、中国の関連専門家は25日、「マイクロソフト黒デスクトップ事件」に関する座談会を開いた。座談会によると、国家版権局は現在、この事件に大きな注意を払っており、まもなく正式に立場を明らかにする構えだ。座談会に参加した専門家の9割以上が、デスクトップを黒くすることで海賊版を罰するマイクロソフトの措置は「やり過ぎだ」との見方を示している。「北京青年報」が伝えた。

 マイクロソフトが20日から開始した正規版推奨措置では、海賊版ウィンドウズOSのユーザーが正規版確認に失敗した場合、起動後のデスクトップの背景が黒に変わる。また海賊版オフィスのユーザーには、2時間に1回のダイアログボックスで注意が促される。いずれも海賊版を防止するための措置だ。ただ、ウェブ利用者2077人の参加した20日当日のアンケートによると、「今日、デスクトップの背景が黒くなったか」という質問に対し、「黒くなった」と答えた回答者は6%にとどまっている。

 今回の座談会に出席した専門家からは、「マイクロソフトの海賊版防止は間違っていないが、黒い背景という方法でユーザーの仕事と情緒に影響を与えるのは、ユーザーの個人財産権と人格権の侵犯にあたる疑いがある」との意見が出された。人民大学知的財産権研究センターの主任を務める劉春田・法学院教授は、「デスクトップ背景を黒くすることには法律的根拠がない。コンピューターのデスクトップはユーザーの個人財産だ。マイクロソフトは、他者の財産の侵犯という手段を用いて、自らの合法的な権利を維持するという理由はない」と主張する。

 一方、中国ソフトウェア連盟の鄒ベン氏は、マイクロソフト社の今回の措置を支持している。鄒氏は、「海賊版ソフトウェアそのものが違法だ。マイクロソフトは、デスクトップを黒にする措置を取る前、ユーザーに対する選択と確認の手続きを取っており、通告義務は果たしていると言える」と語った。(編集MA)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 13:37 | アジア・大洋州  

グーグルストリートビュー 町田市議会が規制求め意見書

2008年10月10日3時6分 朝日新聞

 東京都町田市議会は9日、インターネット検索最大手・グーグルの「ストリートビュー」(SV)など、地図に写真を組み合わせて誰でも閲覧できるようにしたネット上のサービスについて、国に規制検討を求める意見書を賛成多数で採択した。「地域や個人への撮影告知も公開許可願もない」としている。ネットのサービスをめぐり自治体の議会が意見採択するのは異例。

 SVはグーグルが東京など国内12都市を対象に8月、無料公開した地図サービス。「グーグルマップ」で場所を選ぶと、同社の撮影車が路上から撮影した道沿いの画像が、パノラマ写真のように見られる。道案内などに便利な一方、家の表札や人の顔、車のナンバーが判別できる写真も公開され、プライバシー侵害との批判も出ている。

 意見書は、待ち合わせなどに有用という意見にもふれつつ、プライバシーや防犯上の問題点を指摘。個人や住宅などを無許可撮影、無断公開する行為を都道府県迷惑防止条例上の「迷惑行為」に加えることの検討や、必要に応じた法整備などを国に求めた。

 グーグルの広報担当者は取材に「掲載を望まれない方がいらっしゃるのも承知しています」とし、利用者が不適切画像をグーグル側に報告できる仕組みがあると説明する。

 山田健太・専修大准教授(メディア論)は「表札などは全世界の人にさらされることを予定しているわけではない」とグーグルに自粛を求めつつ、意見書について「公道での写真撮影やそのネット公開が制約されることは、市民の自由な言論公共空間を狭めることになりかねない」と指摘している。(小堀龍之)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-10 03:06 | 行政・公務員  

URLをコピペしたら悪質サイトに――乗っ取り被害が続出

8月20日9時28分配信 ITmediaエンタープライズ

 どんなサイトのURLをコピーしても、悪質サイトのURLがペーストされてしまう――。テキストなどのコピー&ペーストに使われるメモリ領域「クリップボード」が乗っ取られる被害が続出している。被害報告はWindows、Macユーザーの両方から寄せられているという。セキュリティ企業の英Sophosが8月19日のブログで伝えた。

 Sophosによると、ネットの掲示板には被害に遭ったというユーザーからの報告が相次いでいる。「URLを選択して“ctrlとc”でコピーし、ペーストしようとするたびに、ウイルスと思われるリンクが出てくる」「例えば、http://www.google.com/というURLをWindowsのクリップボードにコピーして、ペーストすると問題のURLになる。ウイルス対策ソフトでスキャンしても何も見つからない」などの声が寄せられているという。

 攻撃者はトラフィックを稼ぐ狙いでユーザーのクリップボードを上書きし、自分たちのサイトのURLをペーストさせているとSophosは分析。Javascriptなどのスクリプト言語を使って、自動的にデータをシステムのクリップボードにコピーする技術はよく知られているという。

 今回の現象は、被害者が正規サイトを閲覧した後に発生しており、不正スクリプトを仕込んだFlashが使われているもよう。広告が汚染された可能性もあるという。現時点でクリップボードを上書きしている悪質なURLは2種類あり、いずれも被害者のマシンで偽のシステムスキャンを実行するサイトへつながるとSophosは伝えている。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-20 09:28 | 社会