「サラダ油でも車が動きます」、夢のエンジンを開発―江蘇省揚州市

8月12日17時31分配信 Record China

2007年8月10日、江蘇省揚州市の揚州ディーゼルエンジン有限責任公司は植物油で駆動するエンジンの開発に成功したと発表した。ドイツの著名メーカーとの共同開発で、欧州の排気ガス基準もクリアしたとしている。

既存のディーゼルエンジンに改良を施して作られた試作エンジンは、自動車搭載用のもので最大出力は110馬力。使用する植物油は何の種類でも問題なく、街のスーパーで売っているようなサラダ油でも駆動するという。エンジンは起動時にディーゼル燃料を使用、その後植物油を利用するシステムになっている。

次代のクリーンエネルギーとして「バイオエタノール」が世界的な注目を集めているが、植物油を燃料にできれば、再生可能かつ排気ガスもクリーンで非の打ち所がない。今回開発された夢のエンジン、今後製造コストを下げて普及できるかどうかがカギ、と専門家はコメントしている。(翻訳・編集/KT)
[PR]

by deracine69 | 2007-08-12 17:31 | アジア・大洋州  

<< 米国債は重要な資産=「売却観測... 福田外相「一つの考え」=谷垣、... >>