実態価格での運賃表示義務か、マレーシア航空も同調

2008/09/16 18:41 マレーシアナビ

 【クアラルンプール】 マレーシア航空(MAS)は、国内での航空運賃に関する広告において税金や燃料課徴金を加算した実際の価格で表示することを規則で定めるよう政府に要望した。同措置は、航空運賃に課徴金などがかかるため実態価格が分かづらいという消費者の声を反映したもので、マレーシア旅行代理店協会(MATTA)が提案していた。

 MAS幹部は、通常サービスの航空会社も格安航空会社も一律に実態価格で表示すべきと強調。隠れたコストを公表することで利用者が決める際に必要な情報を得ることができると述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-16 18:41 | 経済・企業  

<< <信者殺害>祈とう師の死刑確定... タイ邦人殺害、窃盗で男逮捕=殺... >>